助成金と補助金

2016-08-18 @ 06:21 PM

会社設立を考えたときに、大きなリスクとなってしまうのが資金繰りの問題です。誰もが大丈夫だと考える資金ですが、世の中はそんなに甘いものではありません。できることであれば、その負担は軽くしていくことが求められるのです。

会社設立時の資金繰りとして、有効に使う必要があるのが助成金です。どうしても、資金融資と同一視してしまうことがありますが、この助成金は補助金と同様に返済義務が存在しません。つまり、もらえる条件を満たすのであれば、国や地方自治体がくれるお金ですので、リスクは何も存在しないのです。何かと物入りな時期だと考えれば、これを利用しない手はないでしょう。ですが、助成金と補助金があっても、いったい何が違うのかを知っておかなければ、有効に使うことはできません。

基本的な考え方から言えば、どちらも後払いでもらえるもので、国や地方団体が支給しています。ですが、助成金は、資格要件を満たすだけでよく、書類整備や会計検査院の検査もありません。この助成金に比べ、補助金は必要性がはっきりとしなければいけませんし、使用を証明する書類を整備しなければいけないのです。そして、会計検査院の検査もありますので、手間という面では助成金のほうがはるかに少ないといえるでしょう。